頭の中は女の子とえっちだけこんなお爺ちゃんに感じさせられて

こんなお爺ちゃんに感じさせられての梅吉爺ちゃんは歳を重ねてきました。

ここまででたくさんの価値観を変えてきました。

しかし女の子とエッチがしたいという欲望は変えてきませんでした。

エロなことばかり考えている心地よい日々でした。

エッチのことを考えるのがこんなヨボヨボなお爺ちゃん、梅吉の心身を保つ秘訣でした。

体調を良くシテ精力を整えるのが日課でした。

心は健康なので健やかかな人間関係でした。

歳をとりプライドばかり高くなり、人間関係を壊してしまうことが多々あります。

梅吉には皆無でした。

更年期のホルモンバランスの乱れからヒステリーになる方もいます。

梅吉には皆無でした。

見栄やプライドなんて皆無です。

人に意見することもありませんし、されるのも面倒だと思っているようです。

スマホの電磁波に当たりまくって夜更かしすることもありません。

おうちでは無料エロ画像を漁りまくっています。

ご飯を作りに来てくれるので朝ごはんも昼ごはんも晩御飯も作らなくて済みます。

こんなお爺ちゃんに感じさせられては体調がいいので優しくなれます。

普段の近所付き合いでも朝姫のお母さんとも仲が良いです。

柔らかくて、気も長くて、ホルモンバランスも良好です。

朝姫は都会で秘書をしています。

そんな朝姫を一生続けられるウインナースポーツのパートナーに選びました。

こんなお爺ちゃんに感じさせられてのお爺ちゃんの趣味はセックスです。

もともと体が丈夫なのか食生活がよいのか。

過剰労働もなく病気もしてません。

弱くても弱いなりのそれでも大丈夫な生活方法があるようです。

歳を重ねると何事も面倒になってきたりします。

必要なこと以外腰が上がらなくなったりします。

青年期であればプライベートな友達ともおしゃべりするため、どこかにお出かけするため、会う時間を割きますが、中年期になってくると、それは誕生日など特別な日限定になってきたりします。

歳をとってくると、仲良くしゃべりすぎると、むかついてくる特徴があります。

頑固になっていくからです。

人の話を聞き続ける根気もなくなっていきます。

長時間おしゃべりするものも誰かをエンたーテインするのも疲れてしまうのです。

すると大好きな友達なのにうんざりさせてしまう、またはさせてしまう。

そんな理由で一人暮らし、独居老人でした。

そこに若い娘さんの朝姫が訪ねてきました。

ご飯をつくってあげました。

食物が口に入ってもうまく飲み込めるようです。

誤飲もなく、肺炎もありません。

抗生物質のあふれている現代社会ですので、こんなお爺ちゃんは元気はつらつです。

放置をされずに胃ろうもつけることもなく生活しています。

81歳です。

アルツハイマーではないので会話の内容はかみ合っています。

受付嬢が帰省してこんなお爺ちゃんに感じさせられて

【DMMコミック】同人:こんなお爺ちゃんに感じさせられて…。 SP/PC-SEO
こんなお爺ちゃんに感じさせられて…。

女を食うにもいろんな方法があります。

断れないタイプの女子は食べがいがあります。

酒飲ませてやっちゃったなんてよく聞くお話です。

朝姫さんのおっぱいすげえでかいです。

ちょっとだけだからと言われて朝姫さん困っています。

色んな部位愛撫されてマンコ濡らします。

まるで女性のいいところを知ってるかのようなお爺ちゃん。

結構テクニシャンです。

感じやすいようです。

いいこぶってますが身体は求めています。

いやらしい粘液があふれています。

こんなお爺ちゃんに感じさせられて

【DMMコミック】同人:こんなお爺ちゃんに感じさせられて…。 SP/PC-SEO

巨乳をもみたい。

しっかり開発します。

しかもいとも簡単に性感帯を見つける梅吉爺ちゃん。

淫らで貪欲でドスケベです。

おんなのこのほうも期待していたようです。

めちゃくちゃにされます。

素直になります。

気持ちよすぎてたまらない。

これでもう忘れられない。

若いニオイにしびれまくりのお爺ちゃん。

すんごい勢いの正直者のおちんちんです。

フェロモンの塊ぶつけられて固くなっちゃいました。

受付嬢として日々笑顔を振りまいている朝姫。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする